未分類

チャンスクオリジナルタオルご購入ありがとうございました。

こんばんは〜!! 今日は1日雨空の福島市です。 そんななか昨日ご来福の藤田剛さん。 じつは最近まで海を渡ったカンボジアにて幼稚園を建設するボランティア活動をされていました。 このボランティアには延べ3,000人の方々が日本から参加されていたそうです。 ◆以下、剛さんのフェイスブックより抜粋。 昨日、福島はチャンネルスクエアのモデルパークに行って来ました!! 今回、カンボジアの幼稚縁建設やその他にも […].

5月 12,2015  0

こんばんは〜!!
今日は1日雨空の福島市です。
そんななか昨日ご来福の藤田剛さん。
じつは最近まで海を渡ったカンボジアにて幼稚園を建設するボランティア活動をされていました。
このボランティアには延べ3,000人の方々が日本から参加されていたそうです。

◆以下、剛さんのフェイスブックより抜粋。

昨日、福島はチャンネルスクエアのモデルパークに行って来ました!!

今回、カンボジアの幼稚縁建設やその他にも沢山の方に購入して頂いたチャンスクタオルの支払いに行って来ました☆

チャンスクタオル240枚分、合計金額36万円を収めて来れました!!!!

購入して頂いたみなさん、応援して頂いたみなさん、そして、タオルをカンボジアまで運ぶのを快く手伝ってくれたみんな、本当にありがとうございました!!!!

カンボジア幼稚縁建設で毎日最後に撮っていた集合写真。

【カンボジアから福島へエールを】

みんなでチャンスクタオルを広げて撮った、チャンスクヴァージョン。

この写真に福島インドアパークプロジェクトのスタッフのみんなが、完成に向けての沢山の勇気を貰っていたことを昨日感謝されました。

これは本当に建設中、タオルを購入してくれたみんなの協力のおかげです。作業中に使ってくれたり、一緒にカンボジアの空の下でタオルを掲げてくれてありがとうございました!!

そして、チャンスクヴァージョンの集合写真の提案を快く理解してくれた、幼稚縁建設リーダー夫婦のかでとぐりこにも感謝です!!本当にありがとう!!

他にも、今までいろんな場所でチャンスクタオルを広げ写真をFacebookにアップしてくれたみんなも本当にありがとう!!!!

昨日は改めてこのチャンネルスクエア福島インドアパークプロジェクトの話を詳しく聞かせて頂いたのですが、毎回大きな壁を乗り越えては新たな壁が立ちはだかり、その壁をその都度乗り越えて現在の状況まで来ているそうです。

今も、3月完成の目標までにとても大きな壁がふたつある様で、学さん始め、健二さん、風太君、その他にもたくさんの方々が完成に向け本気で、全力で取り組んでいる姿に心打たれました。

このチャンネルスクエア福島インドアパークは本当に楽しめて学べる新しいコミュニティーの形。

そして全国、全世界にこのモデルケースを発信出来る様なシンボルになって行ける場所を目指しています。

完成、そして運営はとても難しいことですが、そこに本気で向かっている仲間がいるので、僕も自分が出来ることをこれからも手伝って行けたらと思っています!!

みんなの想いや行動はきっと、未来の子ども達の胸にも響くと思うから。

諦めずに取り組んでくれた大人達の背中をきっと見てくれると思うから。

これからも福島インドアパークプロジェクト『チャンネルスクエア』の応援をよろしくお願いします!!

そして最後にもう一度、チャンスクタオル購入して頂いたみなさん、本当にありがとうございました!!!!

福島インドアパークプロジェクト
『CHANNEL SQUARE』
http://www.fw-p.jp/index.html

毎回、日本から到着したボランティアの方々にCHANNELSQUAREの説明をしていただき、
その想いに、活動に、共感いただいた240名の皆様にCHANNELSQUAREオリジナルタオルをご購入いただきました。

ご購入頂いた皆様。
この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

カンボジアからUPされる集合写真に、CHANNELSQUAREもまた大きな壁を乗り越えようとしていた段階であった為、我々スタッフ一同。たくさんの元気とパワーを頂戴しました。
まだまだこれからやるべき事はたくさんありますが、引き続き全力で取り組んでいくと共に、CHANNELSQURE福島インドアパークプロジェクトを応援頂けると幸いでございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

「うづぐしまLIVE2014~食と音楽とキミと僕~」にブースを出展してきました!!

Previous

第1回チャンスク滑ろう会ご案内&12月イベント情報!

Next

コメントがありません

    コメントする

    Email this post to a friend.

    or Close

    建設からこれまでにご支援いただいた企業様