未分類

自然を感じる「CHANNEL SQUARE福島スタディツアー」を実施しました

9月22日、CHANNELSQUAREのネイチャープログラムの1つ、福島の自然を感じる「CHANNELSQUARE福島スタディツアー」を実施いたしました。 このスタディツアーは、福島の財産である大自然と福島のあったかさとカルチャー体感して学んだいただけるプログラムです。 プログラムのテーマは「繋がり」です。 「山から海へ」 自然資源の「水」は山から海へ流れ、また山へと戻ってきます。「水」はサイクル […].

9月 23,2015  0

9月22日、CHANNELSQUAREのネイチャープログラムの1つ、福島の自然を感じる「CHANNELSQUARE福島スタディツアー」を実施いたしました。

12033207_1711604725735539_363407917026774928_n

このスタディツアーは、福島の財産である大自然と福島のあったかさとカルチャー体感して学んだいただけるプログラムです。

プログラムのテーマは「繋がり」です。

510

「山から海へ」

自然資源の「水」は山から海へ流れ、また山へと戻ってきます。「水」はサイクルし私たちに恵みを与えてくれます。

サーフィンやスノーボード、スキーなど、この「水」の恩恵を受けながら遊びまた生活ができるのは、山が「水」を貯え、川となって海に流れる繋がりがあってこそ。

「CHANNELSQUARE福島スタディツアー」は日本百名山の1つでもある安達太良山に登りながら、恵みを肌で感じ、知って頂き、CHANNELSQUAREができた理由をお伝えします。

493

実はこのツアー、レベルが3段階あるんです。

カメさんコース、ウサギさんコース、マナザップコース!!(笑)

マナザップコースは道中がほぼRUN。体力に自信のある方はおススメです!

安心してください!カメさんコースは景色を見ながらゆっくりと登れます!

今回参加していただいた方は全員女性。終始賑やかな雰囲気で登ることができました。

 

約1時間30分かけて安達太良山の頂上に到着すると、昼食タイム&コーヒーブレイク。

昼食はCHANNELSQUAREのシェフのタカミーが作った焼きおにぎり。やはり手作りおにぎりは美味しいですね〜

13

おにぎりの後は、お待ちかねのコーヒータイム。CHANNELSQUAREのカフェで使われているコーヒー豆を使用し本格的にドリップ!頂上の美味しい空気もあって、今まで味わったことのないほどおいしいコーヒーに仕上がっていました。(カフェスタッフごめんね。山頂マジック(笑))

12 14

この時に使用したコーヒードリップスタンドは、CHANNEL FACTORYのくま工房長が作った自信作。

使い古したスケートデッキをリメイクし持ち運びができるドリップスタンドは、アウトドアで大活躍間違いなしです!一緒に作ってくれた、バックパックに入れられる差し込み式の椅子も活躍です。

このスタンドや椅子は廃材等を使いリメイクしているので、エコにもつながるんですよ!

117

休憩の後はお勉強タイム。

山頂から見渡せる山々、湖、街。すべてが繋がっていることを目の当たりにします。

普段は見上げている山から、自分たちがで生活しているところ見下ろすと、大自然の偉大さに圧倒されてしまいました。

5

大自然の偉大さに感動しつつ、下山。

下山は登ってきたルートと違う道を通ります。

下山は「水」のルート。

あちらこちらから水が流れ出てきていました。

この水が長い年月をかけ、小川となり河川になり海に流れていくのだと改めて感じた瞬間でした。

171516

約3時間かけて麓に到着。

程よい疲労感と達成感は、なかなか味わうことができない感覚でした。

1

下山後は、オプションの温泉を追加!

一軒宿の鷲倉温泉旅館様で疲れを癒し、帰路につきました。

参加された方の感想をお聞きしたところ、「今まであまり考えていなかったけど、今回再確認することができてよかった」「いつもアスファルトの道を歩いているから、落ち葉など自然のクッションが気持ちよかった」「マイナスイオンに癒された」などいろいろなお話をいただきました。

改めて、このツアーのコンセプトでもある「福島の財産である大自然と福島のあったかさとカルチャー体感」していただいたのではないかと感じました。

今後も福島を肌で感じ、見て、知り、答え合わせができるこのツアーを実施していきますので、皆様のご参加お待ちしております!!

 

熱い!盛岡!いしがきミュージックフェスティバル終了!

20150921_082331
Previous
F

使い込まれたスケートデッキを譲ってください。

Next

コメントがありません

    コメントする

    Email this post to a friend.

    or Close

    建設からこれまでにご支援いただいた企業様