未分類

F-WORLD2013報告!!

今年で3回目の開催となった福島を元気にするイベント!! F-WORLD2013!! 当日、会場となった飯坂温泉にある「パルセ飯坂」はあいにくの悪天候でしたが開場前から多くの方々にご来場いただきました。 寒い中ありがとうございました。 そして会場がオープンと同時に続々と人が増えていき、定刻より少し時間がおしてしまいましたが、 いよいよメインステージのコンベンションホールにて、 F-WORLD2013 […].

5月 8,2015  0

今年で3回目の開催となった福島を元気にするイベント!!
F-WORLD2013!!
当日、会場となった飯坂温泉にある「パルセ飯坂」はあいにくの悪天候でしたが開場前から多くの方々にご来場いただきました。
寒い中ありがとうございました。
そして会場がオープンと同時に続々と人が増えていき、定刻より少し時間がおしてしまいましたが、
いよいよメインステージのコンベンションホールにて、
F-WORLD2013が開幕!!

メインステージプログラム
・ 小林崇スライドショー&トークライヴ
・ あたまがふくしまちゃんステージ
・ EXILE USA&福ザイルダンスパフォーマンス
・ 未来会議トークライヴ
・ JEAN KEN JOHNNY&TOKYO TANAKA
スペシャルアコースティックライヴ

今回F-WORLD初の室内開催となり、またパルセ飯坂での椅子席を利用した事により来場者にはそれぞれのプログラムをゆっくりと観覧頂く事ができたと思います。

そしてプログラム1の小林崇氏のステージでは、仙台にて収録されたプロサーファーロブ・マチャドとのツリーハウス制作とサーフセッションの上映や、これまでのツリーハウス作品などのスライド&トークライヴが行われ、自然との共生について大変考えさせられる時間となりました。

お次に登場は、
今年開催されたゆるきゃらグランプリ2013にて県内第1位、東北第1位になったあたまがふくしまちゃんステージでは渋田乃愛ちゃんとの可愛いダンスを披露し、
客席からは「可愛い〜!」との声が上がっていました。

そして、過去2011年2012年に引き続きEXILE USA氏がメインステージ登場。
更に今回はシークレットゲストでTETSUYAも登場し、USAプロデュースにて結成された福ザイルともにダンスパフォーマンスを披露してくれました。

次の未来会議にも引き続き USA氏TETSUYA氏も登壇し、高橋歩氏(作家・自由人)、奥本英樹氏(福島大学教授)、平学氏(F-WORLD代表理事)らと現状の福島、これからの福島、アクティブインドアパークの必要性など多方面に渡ってトークライヴを展開。
ご来場された多くの方々の胸に、今、福島や福島だけの問題ではないこの現状が胸に響いたとの声をたくさん頂きました。

メインステージ最後となった、
JEAN KEN JOHNNY&TOKYO TANAKA(from MAN WITH A MISSION)
によるアコースティックライヴ。
通常のライヴパフォーマンスと異なるアコースティック形式と言うことで、いつもとはがらりと違った雰囲気を演出。演奏が始まると観客の皆様はその雰囲気にうっとりとしながらも、MCではアーティストから発信されるメッセージに大きなうなずきを見せていました。

◆出展ブースについて
①東北復興ブース
・福島インドアパークプロジェクト『CHANNEL SQUARE』
・幡ヶ谷再生大学再生部
・ 東北ライブハウス大作戦
・ 30t PROJECT
・ Team-K
・ 石巻へい輪プロジェクト
・ Onepark
・ 風とロック
・ タワーレコード
・ 二畳半レコード
今回より人と人、地域と地域の繋がりを更に感じられるよう、ご出演頂いたTOKYO TAKANA様のサポートのもと岩手/宮城/福島の震災からの復興を目指す東北復興ブース(上記参照)を展開。

各ブース様それぞれに、被災地域の皆様と連携した活動を展開。
更にイベント当日は通常のブース展開に加え、Team-K様では来場したお子様へのクリスマスプレゼント企画、タワーレコード様&二畳半レコード様ではコラボーレーション企画として“ゲストJEAN KEN JOHNNYの二畳半レコード収録”(2014年11月19日放送予定)も開催し、来場者様からも大変好評を得る事ができた。

②応援ブース
・ あたまがふくしまちゃん
・ TREEDOM(Produse by小林崇)
そして、今回のイベントでは東北復興ブースの他に2つの応援ブースを展開。
あたまがふくしまちゃんブースでは、ステージ終了後にあたまがふくしまちゃんとの写真撮影会やシナリオライターの宮田氏のサイン会などを実施。また、TREEDOMブースでもステージ出演後に小林崇氏のサイン会なども行われゲストと出演者の触れ合う機会があった事も来場者より喜びの声を頂けた。

③福食ブース
出展店舗
・笑夢カレー
・来音
・ボヘミアン福島
・キャプテンカンガルー
・AOYAGI
・TETSU
食欲をそそる香りが会場に漂い、長蛇の列が出来る盛り上がりを見せていました。
そして沖縄から参加頂いたキャプテンカンガルー様には売上金をCHANNELSQUARE福島インドアパークへの建設資金としてご支援頂きました。
わざわざ遠い沖縄から出展頂いたのに本当にありがとうございます。

④元気アップいいざかブース
会場のパルセ飯坂がある温泉街。飯坂温泉のPRブースでは、
整理券をもらった子どもたちへ、射的やなげ輪、水ヨーヨー、縁日の催しが行われ、
常に子ども達で賑わっていました。

①アクティブエリア
そしてCHNANELSQUARE福島インドアモデルパークを再現したアクティブエリアでは、
スラックライン2本とミニミニスケートランプが置かれ、ここでも常に子ども達が笑顔で遊んでいました。

②奇跡のライブドローイング展示
メイン会場の隣りホワイエでは先日ご来福された「はじめの一歩」の作者である森川ジョージ氏や「あしたのジョー」でお馴染みのちばてつや氏をはじめ有名漫画家によって描かれた奇跡のライブドローイングを展示。
さすがの迫力のある作品に多くの方が記念撮影を行っていました。

そしてアメリカで東日本大震災の被災地の子供達へチョコレートを届ける活動を行っているいるNPO団体、Chocolate for East Japan様より200枚のチョコレートを会場に遊びに来た子ども達へ配らせて頂き、受け取った子ども達も嬉しそうにしていました。
代表の川田様およびスタッフの方々、誠にありがとうございました。

今回のF-WORLDは、「2011」「2012」とは違った雰囲気でのイベントであった事と、
震災から3年の月日が経っても未だに残る様々な問題に、前向きな姿勢でご来場されたお客様とが、一丸となり最高な福島を発信出来る大きな力が生まれた。
そんな印象を受けたF-WORLD2013だったと感じています。

目の前にある目を背けてはいけないこの現状を、そしてこれからの時代を担う若者や子ども達へ。
最高の環境とポジティブな福島を、これからも皆で一丸となり作っていけるような、そんな福島インドアパーク建設へ向け、
新たな力強い一歩が踏め出せました。

「F-WORLD2013」

募金額合計:¥272,872

物販合計:¥163,500

お足下悪い中ご来場された皆様、本当にありがとうございました。

そして福島に想いを寄せ、ご協力頂きましたゲストの方々。

ブース出展にご協力頂きました方々。

精一杯頑張ったボランティアスタッフのみんな。

ご協力ありがとうございました。

1つ1つの力がやがて1つの大きな力となり、
明るい未来を生み出せるこの瞬間に居た皆様のお陰様で、
イベントを成功させる事が出来ました。
この場を借りてお礼申し上げます。
心からありがとうの感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも日々、理想の福島インドアパークの建設を目指し、
小さく始めたモデルパークに来る子どもや一緒に遊ぶ大人達に最高の環境を提供出来るよう、頑張っていきます。
どうぞ今後ともCHANNELSQUARE福島インドアパークを宜しくお願い致します。

 

緊急発表!!今年も参戦決定!

Previous

年末年始の営業案内について

Next

コメントがありません

    コメントする

    Email this post to a friend.

    or Close

    CHANNEL SQUARE パートナー