ここでしか手に入らないもの。アパレル、雑貨、グッズ、インテリア。魅力に溢れた秘密の空間。

CHANNEL SQUARE

CHANNEL SQUAREのオリジナルブランド。様々なアパレルやグッズが並ぶ。
ここでしか手に入らないコラボグッズや、遊びを取り入れた小物まで。

ブランドストーリー

オリジナルブランドの収益はチャンネルパークで遊ぶ子どもをサポート。
県外では多くの方々が身に付けている。
スナップバックのキャップは売り切れが続く人気商品!!

Candle June

1994年キャンドルの制作を始める
ギャラリー、サロンなどでエキジビションを開催し
様々なファッションショーやレセプションパーティ
大型フェスティバルやライブステージの空間演出をおこなう

2001年に広島で「平和の火」を灯してからは
「Candle Odyssey」と称し悲しみの地を巡る旅を始める

アメリカを横断、N.Y.グラウンドゼロで火を灯し、その後はアフガニスタンへ
2005年からは終戦記念日に中国チチハルにて火を灯す

2004年の新潟中越地震後は震源地長岡市(旧川口町)にて
「SONG OF THE EARTHフェスティバル」を開催

2011年3月11日東日本大震災を受けて「LOVE FOR NIPPON」を立ち上げ

被災地への支援活動を続けながら現地との交流を深め

「山元TIME」「LOVE FOR NIPPON MIRAI」「FUKUSHIMA311」
などのプロジェクトを始める

現在も月命日にはかならず福島で夜を灯している


 

 

ELDNACS

 はじまりは自分自身と向き合うためのロウソクそれが、多くの人とのコミニュケーションの道具となり
たくさんの場所を灯すようにもなった2001年に広島で”平和の火”を灯してから
ロウソクを灯すことはもはや自分一人だけのことではなくなった

2005年7月に立ち上げた“ELDNACS”
旅をして帰る場所、人が繋がる開かれた場所としてショップをオープンした

今ではロウソクを作って灯すだけではなく
様々な野外フェスティバルのコンセプト作りから参加させてもらえるようになったりと
ELDNACSで行うことはさらに多岐に渡っている

2011年3月11日の大きな地震、そして原発事故。
それ以降、自分の活動と共にいわゆる“会社”の在り方は大きく変わった

しかし、それでも変わらず仲間たちが日々汗を流してくれている
”会社”でもなく”コミニティ”でもない
これからの時代に本当に大切な形を作り出していきたいと願っています

絵本作家「谷口智則」

20歳の時にボローニャ国際絵本原画展を見て、独学で絵本を作り始める。
金沢美術工芸大学で日本画を専攻しながら、絵本の制作を続け、
日本画の持つ空間や色調を活かした今の作風を確立する。読んだ人が絵本の世界に入り込め、
登場人物の想いや言葉が空間に浮かんでくるような絵本作りを心掛け、
たとえ言葉が通じなくても、子どもから大人まで世界中の人々に
想いと感動が伝わるような絵本作りを目指している

Zoologique

gallery&cafe Zoologiqueとこの場所でしかオーダー出来ないベビーチェアあり。
絵本はもちろん。様々なグッズや文房具。
素敵な動物たちが迎えてくれるよ。

CHANNELFACTORY

エイジングによる廃材や物、使わなくなった家具などを、新しい形で再生、リメイクを施し、 地球環境問題でもある、ゴミ対策「ゴミ0(ゼロ)」をコンセプトに、木材を中心としたインテリア、アクセサリー等、新しい 命を吹き込みます。「あったらいいな。」を形にする「アイデア工房」です。

オーダーメイド

オーダーメイドも行っており、希望に、合ったサイズや色味。なんでも相談可能!
気の温もりや、家に眠った家具の再生「リメイク」も行う。

建設からこれまでにご支援いただいた企業様